ボルドー地方の5大シャトー

1855年のフランス万博の際に「1級」と認められた4大シャトーに加え、1973年に1級へ昇格したムートンを加えた5つを、一般的に5大シャトーといいます。

シャトー・ラフィット・ロスシルド
Château Lafite-Rothschild
石灰質を基盤とする砂利層の土壌で育ち、西洋スギやスミレを思わせる卓越したアロマは、ボディの重さに負けることのない神がかりといえるほどの複雑なタンニンと結びつき、その奥深さは他のワインの追随を許しません。より果実を熟させ、酸のレベルを低くするために、葡萄は遅めに摘まれ、極めて厳しい選別をされています。
シャトー・ラ・トゥール
Château Latour
カベルネソービニオンの比率が高いことによる重厚なタンニン構成とブドウの並はずれた量感が醸し出す、その男性的な力強さと長命さが特徴です。また1級シャトーの中で、年によるバラ付きが一番少ないワインとしても知られています。
シャトー・マルゴー
Château Margaux
五大シャトーのなかでもエレガントで女性的と評され、「ボルドーの女王」と呼ぶに相応しいワインがシャトー・マルゴーです。豪華な豊かさ、熟したブラックカラント、スパイシーなヴァニラのオーク、バラやスミレなどの深みのある多面的なブーケを持つのが特徴です。
シャトー・オー・ブリオン
Château Haut Brion
五大シャトーのなかで唯一グラーヴ地区から選ばれたオー・ブリオンです。ボディが厚く、タイト。ポテンシャルが十分に発揮されるまでに長期熟成を要する伝統的な醸造方法を採用し、メルロがカベルネ・ソーヴィニヨンより多くなるアッサンブラージュも独特のスタイルです。余韻に混じる動物的なアロマが独特のふくよかさを醸しだします。
シャトー・ムートン・ロートシルト
Château Mouton Rothschild
1973年、第2級から第1級へ昇格したメドック歴史上唯一の昇格を果たした奇跡のシャトーです。豊満で実直なはっきりとしたキャラクターと、有無をいわせぬダイナミックさ、深みのある高貴さが合わさった独特の個性が特徴です。まろやかで豊かなアロマのハーモニーを持ち、トーストを思わせる樽香が際立っています。